笑いの現場


作者:
ラサール石井

購書:

  • 出版社:
  • 發售日: 2011年 09月 08日
  • (C)Lasalle Ishii/KADOKAWA MAGAZINES Inc.2011
2021年新會員優惠
內容簡介

お笑い芸人は、いかにしてネタを考え、笑いを作り出しているのか? 第一線を歩んできた著者が「お笑いの本質」について明らかにする。ノンフィクション編と評論編の二部構成で、重層的にお笑いに迫り、人気を博した一冊!

本書は、二部構成で「お笑いとは何か」を説いていく。第1部は、著者が「コント赤信号」として体験したお笑いの世界を描くノンフィクション編。ストリップ劇場での修業時代からテレビの人気者になるまでを、同時代を歩んだ芸人たちの様子にも触れながら表していく。成功する芸人に共通しているのは、「時代が求める笑い」を感じ取れるかどうか。コント赤信号の場合は、コントに「リアルを入れること」でチャンスを掴み、そこにマネジャーである石井光三社長の働き、TV出演などが加わって、お笑い界を駆け上がっていった。こうした、一般には見えない舞台裏での努力や成功哲学、TVの演出手法などについても細かく紹介していく。そして、第2部は評論編。修業時代に飲み仲間だったとんねるず、TV局の楽屋で談義したビートたけしや明石家さんま、そして大先輩である志村けんや、下の世代に位置するダウンタウンらについてその笑いを論じる。例えばとんねるずの場合、一般的には石橋貴明の派手なパフォーマンスに目がいく中で、木梨憲武の「造語能力」の高さに着目するなど、同業者ならではの視点に立った評論を展開する。

作者簡介

ラサール石井

日本知名作者。

購買前的注意事項
  • 本書城的商品為電子書及電子雜誌,並非紙本書。須使用 iPhone、iPad、Android 手機或平板電腦才能觀看。在購買前,請確認您的智慧型手機或平板電腦可以下載BOOK☆WALKER的APP,並可順利使用。建議下載APP後,可先下載免費電子書,確認觀看沒有問題後再行購買。
  • 由於數位智慧財產權之特性,所販買之電子書刊經下載後,除有內容等瑕疵本公司將立刻處理外,恕不退貨。如有特殊情形,請洽敝公司客服人員,我們將盡速為您處理。

購書:

購買前的注意事項